成功させるノウハウ

プロ目線でアドバイス!
料金だけでポスティングを
決めてはいけないけない!?
成功させるためのノウハウを公開中!

チラシデザイン

紙選び=チラシデザインの最終工程

ポスティングは基本的に紙のチラシをお配りします。
「コート紙」「マット紙」「上質紙」
普段目にするチラシのほとんどがこの3種類のどれかを使っていると言ってもよいかと思います。
これらはそれぞれに特性があります。

用紙の特製

【コート紙】
光沢のある紙で、色合いがくっきりとしています。
つるつるの手触りで、ポスティングや新聞折込などで最も多い紙ではないでしょうか。
厚さでイメージがだいぶ変わるので、幅広く使われています。
宅配ピザのチラシやお寿司のチラシ、不要品回収などのチラシやフライヤー、またはDMとして。
商品カタログ、特に宝石や貴金属、自動車等の光沢感を表現したい場合におすすめです。
写真やイラストを掲載したチラシに適しています。

【マットコート紙】
光沢のない紙で、落ち着きや高級感があります。手触りはコート紙同様につるつるです。
ツヤが少ない分、指紋なども目立ちません。コート紙とマットコート紙は、好みによるところがあるかと思われます。申込みなどで字を書くということであれば、コート紙だと非常に書きにくいので、マットコート紙をおすすめします。ハガキサイズのDMや不動産チラシ、マンションチラシなど、厚手の広告物で使われることが多いです。

【上質紙】
光沢がなく、さらさらの紙です。
仕上がりは若干かすれた感じになります。手書きのデザインなどではこの紙がお勧めかもしれません。この印刷仕上り具合をうまく利用すると、自然でオーガニックな雰囲気がでます。
また上質紙は、ボールペンで書いたり印鑑を押してもすれたり色移りしないのでアンケートや申込書などの書き込みがあるチラシは上質紙で作成することをおすすめします。

用紙の厚さ

チラシの紙の厚さは下記のようになっています。
53kg、73kg、90kg、110kgなどkgの値が大きいほど厚い紙になります。

【53kg】
一般的なコピー用紙よりも薄い用紙。新聞折込でよく使われる用紙です。

【73kg】
一般的なコピー用紙とほぼ同じくらいの厚みの紙。チラシやフライヤーとして使うにはちょうどいい厚みと質感です。

【90kg】
一般的なチラシより少し厚みがあるうえ、柔軟性もあるので少ししっかりしたチラシを作りたい方におすすめです。

【110kg】
ある程度しっかりした厚みのある用紙。折りリーフレットなどに合う、やや厚めの用紙です。

紙選び=チラシデザインの最終工程

チラシのデザインをする場合、「どんな紙で印刷するか」は手に取った人の印象に直結するので、ポスティングの反響にも繋がってまいります。印刷用紙にこだわり、個性を出すことでチラシを受け取った方の記憶に残りやすくなります。

視覚的なアピールだけではなく、感触によるアピールもポスティングでは武器となります。
ご予算とも相談ですが、紙をちょっと工夫すると意外な反響につながるかもしれませんね。
ポスティング浜松では、チラシデザインから最も適した用紙選びまでアドバイスいたしますので
まずはお気軽にご相談ください。