成功させるノウハウ

プロ目線でアドバイス!
料金だけでポスティングを
決めてはいけないけない!?
成功させるためのノウハウを公開中!

チラシデザイン

キャッチなチラシで反響アップ!

広告やチラシは、最初の3秒で「さらに見る価値があるか」を判断されると言われています。

ポスティングチラシではその3秒間で相手の心を捉え、その先の情報に進んでもらい反響を出すために、一瞬で伝わるキャッチコピーが重要なのです。新聞折込も同様と考えられます。

キャッチコピーは、短い言葉の中に、商品やサービスの魅力や情報を凝縮した、チラシを手にとった人の心を「キャッチ」するための文章です。何も考えずにキャッチフレーズをつくると効果もでず、ほぼ失敗してしまうと言っても過言ではありません。それだけ宣伝文句をつくるのは難しいです。

キャッチコピーを作るとき、多くの人に反応してほしいと思うあまり、万人に向けたメッセージになってしまう場合があります。万人向けにするほど伝えられる内容がぼやけてしまい、誰も反応しないメッセージになります。
そんな誰からも見向かれないキャッチコピーにならないように、キャッチコピーを作る基本的な作り方の手順を知っておきましょう。

01.ターゲットをはっきりさせる

まずはチラシを見せたい相手、自分が売りたい相手が誰なのかを明確にしてください。売る相手が誰かも決めず「誰もが反応するキャッチコピー」を作ろうなどと考える人がいますが、これが大きな間違いなのです。誰に伝えたい情報なのかを想定して、キャッチコピーを作ることが大前提です。

02. 商品・サービスの特徴をリストアップする

次にあなたの商品やサービスの得意なことや強みをリストアップしてみましょう。
具体的にはあなたが提供する商品・サービスのうち、自慢できること、他社とは違う特徴、独自のウリ、買うこと使うことで得られるメリットなどを書き出します。

03.ターゲット(お客さん)の悩みをリストアップする

チラシを見せたいターゲットが持っている悩みを書き出します。
あなたの商品やサービス、業界についてお客さんが感じている不便、不満、不安、思い込みをお客さんになりきって思いつく限り考えてみます。

04.不便、不満を解消できるポイントを検証する

ターゲット(お客さん)の悩みと、リストアップ商品・サービスの特徴を対比します。お客さんの不便・不満と、あなたの特徴・メリットとを対比することで、お客さんにとっての本当に「ほしい」という感情を引き出せます。これが自己満足のキャッチコピーから抜け出し反響へ繋げるポイントです。

05.悩みを解決する方法を言葉にする

ターゲット(お客さん)の悩みと、リストアップ商品・サービスの特徴を対比します。お客さんの不便・不満と、あなたの特徴・メリットとを対比することで、お客さんにとっての本当に「ほしい」という感情を引き出せます。これが自己満足のキャッチコピーから抜け出し反響へ繋げるポイントです。

ここで改めて決めたターゲットに対して、本当にメリットがある情報なのかを確認します。ここまで書き出してきた単語や文章を組み合わせて、ターゲットが目にしたときに素通りできないようなキャッチコピーを作ります。具体的な数字を使ったり、得られる具体的なメリットを呈示すると行動促進に繋がります。期間や数量を限定すると緊急性が増し、ポスティングの反応はぐっと良くなるかと思います。
キャッチコピーで引きつけることができれば、その先にあるあなたが伝えたい情報に誘導することができます。

コツはわかったけれど実際どんなキャッチコピーを作ればいいのかわからないという方もいらっしゃると思います。ポスティング浜松ではチラシデザイン企画・制作・印刷も手がけております。ざっくりとしたご要望からでもチラシデザインのご提案が可能ですですので、是非、お気軽にご相談下さい。

ポスティング対応エリア:浜松市(中区・東区・西区・南区・北区・浜北区)・磐田市・袋井市・掛川市・菊川市・豊橋市 及び静岡県内。細かいエリアの選定や、小学校区・中学校区などご指示頂ければ、配布可能数をご提案させて頂きます。